煩わしい物

大きな企業になればなるほど、煩わしいものは何でしょうか?
それは、人とのコミュニケーションです。「私はそんなことはない」って声が聞こえてきそうですが、これはそうではありません。
事業の規模が大きくなればなるほど、それに伴う責任というものは大きくなっていきます。従って、その責任を分散化させる必要があるのです。当然、ベンチャー気質が強くて、個人裁量が大きいところもあるでしょう。
しかし、そういった企業ばかりではないはずです。

企業を活性化させる施策というのは、つまりはこの社内コミュニケーションの活性化ということになります。
この社内コミュニケーション活性化に役立つのが、グループウェアというツールです。グループウェアというツールの基本的な機能は、電子メール機能や、電子掲示板、文書管理に、スケジュール管理機能もついています。
特にスケジュール管理の機能は重要で、部内の人間の予定を見ることもできれば、スケジュール管理によって重要なイベント周知もスムーズにできます。

スケジュール管理が必要なのは、どこそこの人間が今どこで何をしているのか知らなければ、業務に支障をきたすからです。
これをグループウェアは解決してくれわけです。特に、昨今のグループウェアは、ASPといってウェブブラウザ上で運用するものもでてきています。
このASPなら、出先でも急な予定変更を周知させることができますし、ASPなら導入から仕様変更まで容易です。ASPのグループウェアで、社内コミュニケーションを活性化させましょう。

グループウェアがあると社内の交流も増えますよ|J-MOTTO
卓上カレンダーといえば;株式会社アートプラン

スケジュール管理やクレーム削減ならサービスマンの管理システムを利用しましょう!│ディスパッチ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ